ギターのチューニング方法。

チューニングは、ギターを弾く前に必ずしなければならないことです。
ここではチューナーを使う方法と、音叉(おんさ)を用いる方法を解説したいと思います。

ギターは6本の弦から成る弦楽器です。ギターをチューニングすることは、6本の弦を1本ずつ、個別に正しい音程へ合わせていく作業のことです。ペグを締めると弦の張りが強くなり、音が高くなります。ペグを緩めると弦の張りが弱くなり、音が低くなります。

6弦→5弦→4弦→3弦→2弦→1弦の順番で音を合わせていきます。弦を交換したばかりの時は、チューニングが不安定になりますので、何度か6弦→・・・→1弦の順番でチューニングを繰り返すことで次第に安定します。

6弦→E(ミ)

5弦→A(ラ)

4弦→D(レ)

3弦→G(ソ)

2弦→B(シ)

1弦→E(ミ)

チューナーを使ったチューニング方法。

まず、チューナー(TUNER)とは、楽器を調律するための電子機器です。チューナーには、音程の高低を針で表示するもの、LEDなどのランプで知らせるもの、液晶ディスプレイで表示するものなどがあります。選ぶポイントとしては視認性に優れていて場所を選ばず汎用性の高いクロマチックタイプのチューナーなどを選ぶとよいでしょう。

ギター用のチューナーは、マイクで拾った音(またはシールドでつないで鳴らした音)を測定し、正しい音程とのズレを測定するものです。

正しい音程とギターの音のズレをメーターの針の振れ方で示すタイプと、ライトの点灯で示すタイプがあります。

メーター針が真ん中より右側に振れている場合は、ギターの音が目標の音程より高いことを示します。逆に真ん中より左側に振れている場合は、ギターの音が目標より低いということになります。

アコースティックギターの場合

ギターのチューニング方法クロマチック・チューナーを使用する場合、ギター各弦の開放弦(何も押さえない状態で弦を鳴らす)を6弦から、ギターのサウンドホールをチューナーのマイクに近づけ、ひとつづつ鳴らして、ペグで音の高さを調節し、チューナーの針が真ん中で止まるようにチューニングします。

 

6弦~1弦を1回だけチューニングするのではなく、3~4回ズレが少なくなるように何度も繰り返します。

エレキギター・エレアコの場合

ギターのチューニング方法

ギターのアウトプット・ジャックにシールドを差し込み、片側をチューナーのインプット側のジャックに差し込みます。そして同様にチューナーの針(またはLEDライト)が真ん中で止まるようにチューニングします。

 

 

音叉を使ったチューニング方法。

ギターのチューニング方法音叉とは、Uの字の部分を机の角等に軽く叩き付けて振動させ、A(ラ)の音を鳴らすことが出来るものです。ギターのボディに音叉の玉の部分を当てることでA(ラ)の音が共鳴します。その音を聞きながら、同時に5弦の音を鳴らし、自分の耳で確かめながらペグを回してチューニングしていきます。他の弦もあわせていきましょう。

ギターのチューニング方法

音叉でのチューニングは、自分の耳が頼りになりますので、初心者には難しいかもしれません。しかし、自分の耳でチューニングするということは、音感を鍛えるのと同時に、音楽やギターの基本を理解することにもつながります。チューナーだけに頼らず、音叉のチューニング方法も身につけておくとよいでしょう。

(ちょこっと知恵袋)

チューニングをする時は、音の低い状態から、正しい音程へ合わせるようにしましょう。つまり、チューナーを使う場合は、針が左に振れている状態から、真ん中になるところまでペグを締めていく感じです。そうすることで、弦が多少緩みにくくなり、狂いにくい状態にすることができます。

チューニングお疲れ様でした。ちょっとこの辺で、こちらでもどうぞ。

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ギター   タグ: ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

只今、特別プレゼントは準備中です。
暫く、お待ち下さい。