アコースティックギター弦の交換方法。

弦の交換方法

まず、弦を緩めます。全く張りがなくなるまで緩めます。ネックやボディへの影響を考えて、一本ずつ緩めて張り替えるのが良いと言うのもありますが、それほど頻繁に張り替えるわけではないので影響は考えなくても良いと思われます。張り替えるときはスッキリと一度に外すほうが良いです。

 

弦の交換方法

次にブリッジピンを引き抜きます。手で引っ張って抜ける場合はそうします。手で抜けない場合は、専用の工具でテコの原理で抜く方法と、サウンドホールから手を入れて、ピンの下を内側から指で押すことによって抜く方法があります。どうしても抜けない場合は、ペンチでピンを傷つけないように布で挟んで引き抜きましょう。ピンを抜いたら、弦もブリッジから抜きます。

 

弦の交換方法

ペグから弦を外します。ケガをしないように注意してください。弦の先は針のように鋭くなっています。巻いてある部分を徐々に解いてゆき、最後にペグの穴から弦を抜きますが、その時に反動でケガをしないように慎重に引き抜いてください。あて布をしたり、抜けたときの弦の端が爪に当たるようにしてケガを未然に防ぐようにしてください。決して力任せに引き抜かないようにしましょう。

弦の交換方法

 

せっかくなので掃除をしてみるのもよいでしょう。弦が張ってあって、手が届かなかったところも良く磨くことができるので、指板やブリッジ周りをよく拭いておきましょう。ヘッドにもほこりがついていると思いますので、綺麗にしてあげましょう。

(ちょこっと知恵袋)

ナットの溝に鉛筆の芯の粉を擦り付けてみます。見た目は良くありませんが、鉛筆の芯は摩擦を少なくし音にも影響が少ないです。こうしておけば、チューニング時に「カチッ」といって突然音程が変わる現象を防ぐことができます。さらにナットの消耗も少なくてすみます。専用のグリスを使う方法もあります。

弦を袋から出しましょう。例えばマーチンのフォークギター弦は、弦の番号が小さい方が細い弦、大きい方が太い弦です。宜しければこちらもご覧下さい。

弦の交換方法

弦をブリッジに通します。ボールエンドの部分の弦を少し曲げてから通すと良いと思います。まっすぐのまま挿すと、ブリッジピンの先にボールエンドが引っかかり、ピンが弦の張力で思わぬ時に抜けてきて危険です。
曲げる方向ですが、ボールエンドの弦の巻いてある縁がピンに当たるようにした方が音が良くなります。(縦方向)

 

弦の交換方法

 

ブリッジピンを差し込みます。ピンに溝がある場合は、溝に弦が入るようにして根元まで入れます。入れた後で弦を手で引っ張り、ボールエンドの部分がしっかり止まるようにします。

 

弦の交換方法

 

ここで、ボールエンドを縦方向で止めると、なぜ音が良いのか考察してみましょう。均等なクオリティを維持でき、各弦のバランスを考慮に入れるなら、たて向きにするのが正解だと思われます。

 

弦の交換方法

 

必ずしも、横方向が悪いというのではありません。接触面がそれぞれピン側とトップ側に曲面となり、接触面積が圧力により均等に得られる場合が多いので、縦方向がよいでしょう。

 

弦の交換方法

 

弦をペグの穴に通します。ペグの穴がナットのほうに向くように回しておき、弦が途中で曲がらないようにまっすぐ挿入します。一旦弦をある程度引っ張られるまでペグの反対側から引っ張り真っ直ぐにします。

 

弦の交換方法

 

弦を戻します。一旦、真っ直ぐになった弦を、ナットの付け根辺りから弦をつまみ、1フレットまで戻します(6弦の場合)。その位置から、ペグを巻き取りはじめます。

 

戻す量は弦の太さや、ベグの巻き取り部分の径等で変わりますので、一概に何ミリと言えるものではありません。ただチューニングした状態でペグの穴に差し掛かったままだと、そこから弦が切れやすくなります。音質的には巻き数が少ないほうが良いようですが、それほど変化はありませんので、弦が切れないように、ペグの穴の下に来るぐらいまで巻くようにしましょう。

一旦巻き始めたら、弦を引っ張り続けてください。そうしないと、ペグから弦が外れて、巻き乱れが起こります。

弦の交換方法弦を一回りだけ上側に巻きます。ペグを巻いてゆくと、弦の端が巻いている部分と接触しますから、最初だけ上側をとおるようにします。後は下側に巻いて行きます。このようにすると、弦の端が巻いてある部分と挟み込むようになり、不用意に弦が抜けてしまうのを防ぐことができます。特に1,2弦のプレーン弦は抜けやすいので、この方法は効果的です。チューニングも安定します。ストリングワインダーを使うと巻取りがすばやく簡単になります。

弦の交換方法

 

余った部分を切ります。ある程度弦が張られたら、余った部分をニッパ―などで切り取ります。切れ端がとこかに飛ばないようにきちんと弦の端を持って切りましょう。決して本線を切らないように注意してください。

 

6~1弦まで同様に6番目から繰り返していきます。

チューニングについても、今後紹介していきます。

 

カテゴリー: ギター | タグ: , , | コメントをどうぞ
10 / 12« 先頭...89101112