エレキギター弦の交換方法。

弦の交換方法

まず張ってある弦をはずします。
このとき、ストリングワインダーを使うと、作業が速く進みます。
また、弦を取り外す前に弦が糸巻きに「どの方向で巻かれていたか」、「何回巻かれていたか」などをチェックしておきましょう。

 

ある程度ゆるめたらニッパーなどで弦を切ってもかまいませんが、弦は切れる時に、はねたりする場合があるので気をつけてください。糸巻きから取り外す際も手を切らないように丁寧に作業を行って下さい。

パッケージを開けて、弦を張る準備をしましょう。弦の先端はとても小さくとがっていて危険です。丁寧にほどいて、刺さったりしないように気をつけてください。

弦の交換方法

 

最近は簡易パッケージの弦が増えてきました。通常は、袋に英語で何弦かという記載がされています。(1st、2ndなど)

 

 

弦の交換方法

 

ブリッジに弦を通す又は固定します。

 

 

弦を糸巻きに固定していきます。

弦の交換方法

 

糸巻きのペグ(ハンドル部)を回し、ストリング・ポスト(糸巻き支柱)側面にある横穴がナットに向かうようにします。穴に弦を通し、たるみがなくなるまで引っ張ります。

 

弦の交換方法

そうしたら、一つとなりの糸巻きの距離で弦をつまんで下さい。つまんだ弦を元の糸巻きまで戻して下さい。弦が糸巻き一個分の長さたるみます。これからこのたるみを巻き取っていきます。

弦を巻き上げる前に下準備がいります。先ほど糸巻き一個分戻した弦が、弦を巻き上げる際に滑らないように反対側に折ります。

弦を巻き上げていきます。

弦の交換方法弦は真っ直ぐになろうとしますので、糸巻きのカーブに慣らせることが必要です。弦を巻き上げる初期段階、弦が滑らないように、弦を折った部分とストリングポスト(弦を通した支柱)を指で固定しながらペグを回してストリングポストを1回転させましょう。

回転方向を確認して下さい。

 

弦が下の方へ巻かれていくのを確認しながら、弦を巻き上げていきます。

そろそろ弦がストリングポストのカーブに馴染んできたでしょう。弦に癖がついてきて、先ほど押えていた指を離しても弦が滑らない事を確認したら、次は弦が順次ストリングポストの下側に巻き取られるようにペグを回して下さい。
巻きすぎて弦を切らないようにチューナーを見ながら作業することをおすすめします。

(チューニングについても、今後載せていきます)

弦が巻かれる回数を確認しましょう。回数が多いとそれだけナットからストリングポストにいたる角度が急になり、テンションが増加します。弾いた感じが硬ければ次回に弦を張るときには先ほどのたるみの量を減らし、またやわらか過ぎればたるみの量を増やすと良いでしょう。ただ、増やしすぎ、減らしすぎに注意して下さい。
ギブソン社のレスポールなどはブリッジ部でテンションの調整ができるので、まずはそちらから調整してください。

弦の交換方法あまった弦は、ニッパーかペンチを使って切ってしまいましょう。工具がない時は弦をまるめておくと良いです。くれぐれも余った弦を放置しないようにしましょう。

そして同様に全ての弦を交換して下さい。

 

今後もアコースティックギターやヴァイオリンなど、いろいろ載せていきます。

 

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ギター   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

只今、特別プレゼントは準備中です。
暫く、お待ち下さい。