クラシックギター弦の交換方法。

弦の交換方法

 

まずは弦巻をどっちに巻くと弦が締まったり、緩まったりするのかを確認してみましょう。ヘッドを正面から見て時計回りに弦巻を巻くと弦が締まって高い音になります。反対に回すと弦が緩まるようになります。

 

クラシックギターの弦も他の弦楽器と同じく消耗品です。何日も弾いていると手から出る汗などによって音がキレイに響かなかったり、正確な音が出なくなったりします。弦の交換は、長くても3ヶ月たったら変えた方がいいと思います。

張ってある弦をはずします。

糸巻きをゆるめてもよいのですが、ストリング・ワインダーを使うと速く弦の交換をすることができます。通常は一本ずつ弦をはずして交換していきます。

弦の交換方法

 

弦の袋(セット)から弦を取り出します。重要なのはセットの場合、何弦を取り出したかということです。大抵は英語で <弦番号に -th, -st, -nd> と記載されています。6弦から順番に5, 4, 3…弦と交換していくことをおすすめします。弦がさばきやすいですし、チューニングを合わせやすいです。

弦を丁寧にほどきましょう。色の変わっている方、もしくはヨレている方をヘッド側に使用します。(巻き弦、及びナイロン弦も同様に行います)弦の製造精度の低い部分をヘッド部で巻き取っていくということになります。

ブリッジに弦を結びます。(低音弦・巻き弦)

弦の交換方法

 

サウンドホール側から弦を通していきます。ちょうどよい長さで弦が結べるように6cm程(ギターにより異なります)弦を通したら折り返します。その次に通した弦をサウンドホール側の弦の下にくぐらせます。弦をくぐらせたら折り返してください。

 

弦の交換方法ブリッジの穴と折り返している弦の隙間に、通した弦を差し込んでください。そうしたら力をゆるめず、右手は表面板スレスレまで弦を押さえつけながら左手で弦を真直ぐヘッド方向へ引っ張ります。これで弦を固定できたと思います。
後ほど弦を巻き上げるまでブリッジに固定した弦は触らないほうが良いでしょう。

 

糸巻きに弦を結びます。

弦の交換方法

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドに弦を結ぶ際は、まず弦がどのように巻き取られていくのかを見ます。結んだ際に、巻き取られる弦が余った弦をまたがないようにするためです。そうしてムラなく弦が糸巻きに巻かれ、正確にチューニングができるようになります。

弦の交換方法

 

先程見当をつけた弦の巻かれる方とは逆の方向に弦の余りが出るように、一回団子結びをします。

 

 

弦の交換方法

弦を結んだら、先程の弦の余りを引っ張りながら巻き上げていきましょう。
ストリングワインダーを使うと便利です。

ペグ(糸巻きのノブ)を回す方向を確認して下さい。
低・高音弦共にヘッド裏から見て時計逆回りで巻き上げます。
チューニングを確認しながら巻き上げましょう。

※ナイロン弦も同様にヘッドに結びます。

ブリッジに弦を結びます。(高音弦・ナイロン弦)

クラシックギター弦の交換方法

 

低音弦と同様にサウンドホール側から弦を通します。先程より少し長めに弦を出しましょう。そうしたら以前とは逆に体の手前側から奥に向かってサウンドホール側の弦の下をくぐらせます。

 

クラシックギター弦の交換方法

 

弦をくぐらせたらブリッジの穴から出ている弦とブリッジの間に2回、弦を通します。ナイロン弦はとても滑りやすく、掴みづらいので何度もトライして慣れていきましょう。2回弦を通したら同様に力を緩めず、右手は下に弦を押さえつけながら、左手でサウンドホール側の弦を引っ張りましょう。

クラシックギター弦の交換方法

 

写真のようになったら同様にヘッドの糸巻きに弦をすべて巻いたら完了です。ヘッド側は余った弦を巻いておくと突然弦が切れたときに余った分を戻して使える場合があります。切らずにとっておくと良いと思います。

 

(ちょこっと知恵袋)

交換したばかりの弦はなかなかチューニングがあいません。そこで無理に弦を引っ張ったりすると、ギターに大きなダメージを与える恐れがあるので、時間があるなら、しばらくそのまま放っておき、チューニングが安定するのを待ちましょう。また交換した古い弦は取っておきましょう。演奏会の直前などに弦が切れた場合、古い弦に付け替えればチューニングの安定にかかる時間が短縮されます。

以上です、お疲れ様でした。

 

 

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ギター   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

只今、特別プレゼントは準備中です。
暫く、お待ち下さい。