ベースギター弦の交換方法。

ギター弦は錆つきやすいので、頻繁に弦を交換する人もいますが、ベースは他のギターほど弦を交換する必要がありません。そのかわり、一度交換すると長く使用するので、ペグの巻きつけ方などを丁寧にしっかりやっておきましょう。

まずは、すべての弦を外しましょう。専用のニッパーで切るのが良いです。その際は必ず弦を緩めてから切って下さい。

弦の一方の端を巻きつけておく金属性のパーツをストリング・ポストといいます。チューニングを行うときはペグを回して弦の張りを調整します。

ベース弦の交換

 

1、2弦のビリつきを押さえ、ナットから弦が外れる事を防ぐために用意されているのがストリング・ガイドです。弦のテンション(張力)を高くする効果もあります。

 

ベースギターのブリッジ

 

 

駒の上に弦が乗るように、ブリッジから弦を通します。

 

ベース弦の交換

 

4弦から張っていきましょう。
ブリッジからピンと張った状態にし、巻く位置からペグ1.5個分くらいの所で折り曲げます。折り曲げた位置から1cm程度の部分で弦を切り、ストリングポストに弦を入れます。

 

ストリングワインダーを使えば、スムーズにペグを回す事が出来ます。
巻く方向は、弦がストリングポストの内側を通るように巻きます。また、ストリングポストの下に向かって重ならないように巻いていきましょう。

チューニングするとき、張りたての弦は伸びやすいので安定するまで時間がかかります。

ベース弦はギター弦とは異なり、切れ難い弦です。交換時期は人によって異なりますが、切れてから交換するよりも、音にギラつきが無くなった時に交換する場合が一般的です。

また、フラットワウンド弦は元々の音にギラつきが無い事に加え、ラウンドワウンド弦に比べて長寿命なので、長い間交換しない人が多くいます。(ちょこっと豆知識)ジェームス・ジェマーソンというベーシストは、フラットワウンド弦を10年以上も張替え無かった事で有名です。

 

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


カテゴリー: ギター   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

只今、特別プレゼントは準備中です。
暫く、お待ち下さい。